Top > 地域情報 > 一般的な考え

一般的な考え

任意整理は一般に負債の整理というように呼んでいて、それぞれ債権を持つものに対して支払いを続けていくことを選択した債務を整理する選択肢なのです。

 

実際としての手続きですが、司法書士の資格者や弁護士の有資格者貸し手と債務者との仲介役として相談し合い法律に照らしながら利息の再考慮をして借金の元金に対する借入金利をカットした方法で3年くらいの期間をめどに返済を完了する債務の整理の対策です。

 

この手続きの場合には各裁判所のような公的機関が口出しすることがないため他の方策と比べると、手続きした際のデメリットがあまりなく、処理も債務者にとってそんなにストレスになることがないので真っ先に検討する必要がある手順だといえます。

 

それから、ヤミ金業者のような高額な借入金利だった場合は、利息制限法という法律が明記している利子を超えて振り込んだ金利においては借金の元金に適用すると判断され借りたお金の元金そのものを減らしてしまうことも可能です。

 

なので、ヤミ金といったような大変高額な借入金利のところに何年も返済し続けている例ではけっこうな金利分を減らすことができる場合もあり10年くらい返済してきたケースだと借金自体がなくなってしまう場合もあります。

 

借金の整理の良い点については破産と異なり一部分の借金だけを整理していくことになりますので保証人が関与している契約を別として検討する時やクルマのローン以外について手続きしていく場合等においてでも用いることも良いですし全ての財産を放棄する必要がないためクルマや不動産などの資産を持っているものの放棄してしまいたくない状況においても有力な選択肢になる借金整理の方法となっています。

 

ただ、手順を踏んでから返済していく額と実際としての給与等の収入を比較し、常識的に見て返済の目処が立つようである場合はこの方法で手続きで進めるほうが良いといえますが、自己破産のように借金そのものが消えるということではないため負債の合計が多い状況の場合、実際問題として任意整理の選択をするのは困難になるということになるでしょう。

地域情報

関連エントリー
一般的な考えテスト
カテゴリー
更新履歴
ギターのチューニング(2018年5月23日)
アスペルガーは第六感を持っている(2018年4月 3日)
復縁のプロセス(2018年4月 2日)
サプリメントを飲んで頭痛がよくなるって本当なの?(2018年3月19日)
シャドーイングをする際の注意点(2018年2月 8日)