証明するウォーターサーバー最新の記事

ギターのチューニング

「チューニング」とは簡単に言うと
「音を合わせる」という意味です。

どんな楽器でもそうなんですが、使っていくと
音がだんだん狂っていきます。

ピアノだと、調律といって、ちゃんとした調律師さんが来て
大掛かりな調整が必要です。


でも、ギターはとてもカンタン!

自分で出来ます。


今は機械で簡単にできるので、練習前にやってみると
良いかもしれませんね。


なるべく正しい音で練習しましょう。


なぜかというと、ギターの弦は6本あります。

6本が正確に、同じくらいずつ狂っていれば、
コードを弾いたときにも気になりません。

でも残念なことに、6本ともバラバラに狂うので
コードを弾いたときに、すごく気持ち悪い音になります。


例えば、Cというコード。

これはドミソ、という音から構成されてます。


ドはちょっと低め、ソは高め、に狂ったとします。

すると、ジャーンと弾いたときに
「ギャー!!」という気持ち悪い音になります(笑)


なので、練習前にはチューニングしておくといいです。


最近は(といってもずいぶん前からですけど)、
チューニングメーターでチューニングをするのが主流となっています。


このチューニングメーター、
基本機能はだいたい同じみたいですが、
いろいろな種類があるようです。

いきなりプロ仕様を高いお金を出して買っても、
訳がわからないと思うので、店員さんに聞いて

一番わかり易いものをご購入されると良いでしょう。

お勧めはKORGの千円台のものです。

分かりやすいですし、機能が限られているので使いやすいです。


証明するウォーターサーバーについて


プロポーズの台詞 ||
カテゴリー
更新履歴
ギターのチューニング(2018年5月23日)
アスペルガーは第六感を持っている(2018年4月 3日)
復縁のプロセス(2018年4月 2日)
サプリメントを飲んで頭痛がよくなるって本当なの?(2018年3月19日)
シャドーイングをする際の注意点(2018年2月 8日)